読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語学習の卵

英語の勉強記録 たまに経済・財政、写真など

世代会計1

経済・財政

先日卒論を提出した。テーマは「世代会計を用いた地域経済分析」。

”世代会計”を知っている人はほとんどいないだろう。TVや新聞にもほとんど出てこないため、世間ではマイナーな概念だと思う。世間的にはマイナーだが、学問的にはこれからもっと発展してほしい分野だ。ぜひ皆さんに知ってほしいので簡単に紹介する。

 

1.世代会計とは

「今〇歳代の人が残りの生涯で政府に支払う額-政府から受け取る額」のことである。

政府に支払う額というのは税や社会保険料のことである。受け取る額というのは社会保障給付のことだ。

 

2.世代会計の起源

1991年にアメリカのAuerbach, KotlikoffらがTax Policy and the Economyという学術雑誌に発表した論文が最初である。世代会計は財政赤字という指標に対しての批判から生まれた。彼らの批判とは「財政赤字という指標は恣意的に操されうる」「長期的な財政政策を考える上では不十分」といったものだ。

 

 

世代会計2に続く